うえだ動物クリニックご来院時のお願い
飼い主様へ
「動物はケージ等に入れるか、リードをつける」ことと、
「待合室では放さない」ことを、お守り頂きたくお願い申し上げます。
ペットをそのまま抱っこして連れてみえる方が時折いらっしゃいます。
普段おとなしく慣れている子でも、これはとても危険な行為で逃亡する可能性が非常に高く、現実に他の施設では逃走したことも報告されています。

待合室では犬は必ずリードをつけて紐を短く持ち、お待ち下さい。
猫はケージに入れるか、ネット(洗濯用ネットでも大丈夫です)に入れてファスナーをしっかりと閉めて、お待ち下さい。 「ネットに入れるのは可哀想」と仰る方がいらっしゃいますが、通気性も良く、体が包まれることと視界がさえぎられることによって かえって安心できるものなのです。
うさぎやハムスター等の小動物はケージや小さなキャリーケースに入れて下さい。
また、万ご来院の際には「ケージ等に入れるかリードをつける」「待合室で放さない」、この二つをお守り下さいますようお願い致します。

初めてワクチンを打つ場合は、なるべく午前中にお願い致します。
午後しかいらっしゃれない場合も遅い時間は避けて頂けますと安心です。
ワクチン後、まれにアレルギーなどの体調不良が起こることがあります。
日中にワクチンを打ち、午後は様子を見ていただいた方が安心かと思います。

普段飼育をされている方が 連れてきてください
動物が安心して診療を受けられるように、また、獣医の質問(食欲や餌、排泄について)にお応えいただけるように、出来るだけその動物に慣れた方が 連れてきてください。

お連れになる動物を普段お世話されている方が
病院までお運びになれない場合
その方と連絡がつくようにしていらして頂けますと大変助かります。診察時には様々なことをお尋ねします。
例えば 「普段に比べて元気と食欲はどうか」「食べたもの、餌の詳しい内容、餌を変えていないかどうか」「最近のオシッコとうんちの状態」「症状が出始めたのはいつか」「症状が良くなることはあるか」「今までにどんな病気や変化があったか」「普段いる場所」「いつ外出するか」「同居動物、ご家族の変化は無いか」等・・・
普段お世話されている方なら色々お気づきの点もおありかと思いますので直接お話が伺えましたら幸いです。ご無理なようでしたら勿論結構です。

ハムスター、うさぎなどの小さい動物をお連れになる場合
保温できるように小さい入れ物でお連れ頂く方が良いかと思います。
動物の種類によりますが、虫用の透明プラスチックケースや小さい段ボール箱なども利用できます。
また初診の時には、普段飼っているケージの画像などを見せて頂けると参考になります。

飼育ケージに入れて連れになる時は・・・
飲み水で動物が濡れないようご注意下さい。
移動中は水は入れずに代わりに青菜などを入れて頂くと良いと思います。

以上、細かい点は色々ございますが動物にとって一番安全な方法でご来院頂けた らと思いますので、何卒宜しくお願い致します。最後まで御覧頂き有難うございました。